不動産売却で見落としがちな仲介手数料について

不動産売却で見落としがちな仲介手数料について

一般的に個人が不動産の売却をする場合、不動産会社に依頼します。
そして、私たちは「不動産会社=仲介業者」として仲介手数料を支払うことになります。
ここでは、仲介手数料の取り決めについて触れてみたいと思います。
まず、仲介手数料は成功報酬のみに支払われるということです。
仮に不動産会社が一生懸命に尽力をしてくれたとしても、不動産売却(契約)ができなければ意味がありません。
不動産売買が成立して、初めて仲介手数料が発生するのです。
また不動産売買が契約された後、何かしらの理由によって無効になった場合も、仲介手数料を支払う義務(権利)はありません。
さらに不動産売買の活動経費(チラシや広告)が、仲介手数料の一部にあてがわれることもありません。
もう一度言います…仲介手数料は、成功報酬のみに支払われます。